大有設計

採用情報RECRUIT

意匠

所属部署:建築設計部  名前:岡本 美空  社歴:入社5年目 出身校:大分大学 工学部福祉環境工学科


①私の仕事

私は建築設計部に所属をしていて、一般に意匠設計と言われる設計図やパースを作成する仕事をしています。設計図、パースを作成するためにお客様と打合せをして間取りや形状、レイアウトを考えたり、デザインを考えるところから法的な基準、各役所の申請や届出等を網羅し、そのために構造、設備、各役所担当者との調整、協議等を行います。

②会社の雰囲気(各々が入社して感じた内容)

他の設計事務所に比べて、若い人が多いので、活気があり和気あいあいとしているなと思いました。

③入社後のギャップ

私は、両親が近い業界にいて事前に話を聞いていたり、高校時代、大学時代にインターンシップや職場体験等で設計事務所に行っていたりしていたため、入社前後でギャップは感じませんでした。強いて言うなら、すごく静かでパソコンのキーボードの音が気になるくらいみんなもくもくと仕事をしていたのに驚きました。

④苦しい・きついと思ったこと

苦しい・きついというのはあまりないですが、納期間際や自分の能力ぎりぎりの仕事をするときは大変です。

⑤今後の目標

 今は上司のサポートや、私と上司二人でプロジェクトを持つというような形が多いので、規模や条件により異なるとは思いますが、30歳までに1人で任せてもらえるプロジェクトがあるようになりたいです。

 

構造

所属部署:構造設計部  名前:丸井 兵馬  社歴:入社5年目 出身校:大分県立鶴崎工業高等学校 建築科


①私の仕事

 私は構造設計をしています。業務内容として、新築建物の柱や梁等の建物の骨組みとなる部分の設計や既存建物の安全性の確認(耐震診断)等があります。これらの業務は、その建物を使用する人や、建物周囲の安全性を確保する、命を守るという重要な役割を担っており、設計内容が適切であるか確認しながら業務を行うようにしています。

②会社の雰囲気(各々が入社して感じた内容)

 入社するまではデスクワークで、黙々と仕事だけをするというイメージがありました。しかし、朝礼や物件毎の会議、また、福利厚生としてのイベントが多く、社員間のコミュニケーションがしっかりとれている為、黙々と仕事だけをする堅いイメージはなく、とてもいい雰囲気の会社です。

③入社後のギャップ

 学生の頃は、建築関係全般の基礎的な内容が主で、設計という仕事はデスクワークのみで外出することはないイメージでした。しかし、実際は他社との打ち合わせや、設計を行った現場の監理等、外出する機会が多くあり、室内のみの仕事ではないということを知りました。

④苦しい・きついと思ったこと

 私は入社してから今まで、苦しい思いやきつい思いはあまり感じていません。それは、上司や先輩方が一人の負担が大きくなりすぎないように、細かく気を配ってくださっている為だと思います。
唯一挙げるとすると、入社当時は建築設計の専門用語、図面の理解に戸惑い、話の内容で理解できない箇所が多くあったことです。これは、仕事をしていく中で徐々に理解できるようになってきました。

⑤今後の目標

 今必要なのはとにかく知識と経験だと思い、資格取得、一人前を目指して仕事に取り組んでいます。上司の負担を少しでも減らしていけるように、日々技術の研鑽に努めていきたいと思います。
また、私が上司と同じ立場になったら、周りに気を配り、苦しい思いやきつい思いをさせないように努力していきたいです。そして、色々なことを経験し、吸収して、資格を取り、自分が入社してわからないことを丁寧に細かく教えてくださった上司・先輩方のように早く一人前になりたいと思います。

 

電気

所属部署:電気設備設計部  名前:赤峰 雄太 社歴:入社3年目 出身校:大分大学 工学部電気電子工学科


①私の仕事

 建物内の電気設備に関する設計を行う仕事です。
照明やスイッチ、コンセント等のレイアウトや配線を考え、「電気設備図」として完成させます。また、図面に基づいて、積算を行い、工事費を算出します。

②会社の雰囲気(各々が入社して感じた内容)

 社員の方々が非常に優しく接して下さったので、アットホームな雰囲気を感じました。
職場の執務スペースは、木目と白が目立っており、明るく清潔感がありました。また、1つのフロアで全員が業務を行っているので、まとまりを感じました。

③入社後のギャップ

 入社前、一番心配していたのは、人間関係についてでしたが、同期、先輩、上司、皆さん思いやりのある優しい方ばかりで安心しました。
また、設計の仕事なので、黙々とパソコンに向かって仕事をするイメージでしたが、外に出て現場を見に行ったり、お客様と話す機会などがあったりしたのは意外でした。
有給休暇の計画的な取得を促進している取り組みも、入社前は想像していませんでした。

④苦しい・きついと思ったこと

 年末や年度末などの繁忙期、残業が続くときついと感じます。
建築の知識や用語等、分からないものがまだまだ多いので、上司や取引先の方が何を言っているのか分からなかったり、質問に対してどう回答すれば良いか分からないときは、自分の力量不足を感じます。

⑤今後の目標

 まわりから信頼されるような技術者になりたいです。そのために、現在は建築設備士の資格取得を目指して頑張っています。

 

機械

所属部署:機械設備設計部  名前:中野 勝大 社歴:入社2年目 出身校:熊本県立大学 居住環境学科


①私の仕事

 空調・換気・衛生といった、私たちが生活する上で必要不可欠な設備をデザインしています。
また、人が快適に生活できるだけでなく、自然環境に負荷を掛けない(自然環境に優しい)様に意識してデザイン(空調・換気・衛生の計算や図面作成等)しています。

②会社の雰囲気(各々が入社して感じた内容)

 弊社は資格取得に力を入れています。私が入社する前も資格取得に力を入れていると聞いていましたが、予想を上っていました。資格取得した時の奨励金だけでなく、資格手当ても充実しています。資格は取得したら一生物なのでスキルアップしたい方はお奨めします。

③入社後のギャップ

 私は高校・大学と建築を学んでいましたが、建築業界は何かと休暇が少ないイメージを持っていました。ましてや有給休暇を使って休みを作るという事は考えていませんでした。
しかし、入社して一番驚いた事は休みが年間105日しっかりある事と、有給休暇を計画的に使って下さいという内容でした。社是にもありますが、【物心両面の幸せ作り】を本気で実現させようとしています。スキルアップについても、社是の中で謳われており、常に意識を高く持っていると感じました。

④苦しい・きついと思ったこと

 入社して4~5ヶ月は環境に慣れる事とCADの扱い方を覚える事に必死でした。その期間中、2級建築士の勉強もあった為、心身共にきつかった記憶があります。
しかし、その中でも会社・先輩社員の方々のバックアップがあったおかげで乗り越える事が出来ました。

⑤今後の目標

 資格取得に励む事と仕事が出来る様になる事が今の目標です。
資格では1級建築士、建築設備士等を取得する事を目標としています。また、仕事面では空調・換気・衛生の3つの分野に分けられていますが、まずは衛生設備を覚える事を目標に掲げています。

 

© 株式会社大有設計. All rights reserved.
▲ PAGE TOP